2018年4月9日月曜日

【雑記】シーズン9上半期・個人レポート

前期終盤でレート戦に復帰してからの活動を記します。

前期終盤

ハガネール@混乱実 勇敢HAD最遅
ジャイロボール 地震 ロックブラスト 鈍い

ボーマンダ@ナイト 意地HaDs
八つ当たり 地震 竜の舞 羽休め

リザードン@ナイトY 臆病CS
大文字 ニトロチャージ ソーラービーム めざめるパワー氷

ミミッキュ@ミミッキュZ 意地AS
戯れ付く 影打ち 剣の舞 挑発

カプ・コケコ@拘りスカーフ 陽気AS
ワイルドボルト ブレイブバード 自然の怒り 蜻蛉帰り

パルシェン@珠 うっかりやCS
氷柱針 ハイドロポンプ めざめるパワー電 殻を破る

レート戦復帰の際は手始めに、俗に言う共有パ(カバマンダガルドコケコゲッコツルギ等)の情報を仕入れて、環境の把握から始めることにしました。

そして、共有パの成り立ちを考察した結果、エレキフィールドやミストフィールドの影響でカバルドンの欠伸の価値に疑問を持ち、欠伸が無ければ鋼枠の圧縮と頑丈特性が付与できるハガネールの方が、カバルドンよりも性能が高いのではないかと考えるに至ります。

実際、ハガネールは欠伸の無いカバルドン以上の性能を発揮できました。
高いB耐久と鋼耐性による、ミミッキュの剣舞Z攻撃からの流し、最低限のカプ・テテフ流し、カプ・コケコへの強力な流し、ボーマンダへの流しなど。

これでレートは最高1968まで伸びましたが、勝ち切れず、2000までは届かずの結果に終わりました。

その原因は、カバルドンをハガネールにしてしまったことからメガリザードンXへの対応力が落ちてしまったことや、流した後の相手への負荷が足りなかったこと、具体的には流れた先にカバルドンがいた時の手詰まりなど、実戦でのプレイで問題が山積したためと考えています。
今はハガネールを組み込むならば、後ろにカプ・レヒレを採用してカバルドンやメガリザードンXなどへの圧力を確保する組み方を考えています。

そして、環境トップと位置付けた共有パへの解決策はスカーフ物理カプ・コケコの蜻蛉帰りでスカーフゲッコウガもケアしながら、呼んだカバルドンへ小ダメージを与え、メガリザードンYの晴れ大文字か、受けループ対策枠を兼ねる珠パルシェンのハイドロポンプでHDカバルドンも含めて落とし切る動きで大凡解決可能であり、実戦の勝率も7割を超えました。

しかしながら、環境トップのパーティ構築へのメタは完成していましたが、その他のパーティ構築への対応力は決して高いとは言えず、全体勝率は6割でレートは伸び悩みんで終わります。

この頃はまだ環境トップへのメタしか意識がついて行かず、大多数を占めるその他のパーティへの対応力を確保できませんでした。

その反省を活かし、今期はまずテンプレ共有パを実際に回してプレイの核心を理解しようと取り組みました。

その結果、テンプレ共有パはボーマンダの羽休めと混乱実カバルドンによる有限サイクルでステルスロックのダメージを稼いでボーマンダの崩せるダメージ範囲内に落とし込むプレイをコンセプトとしていることに気付き、そこで高度なプレイスキルが要求されていることが分かりました。

つまりそれは、先発をゲッコウガ又はギルガルドなどからスタートし、相手が先発に置きやすいカプ・コケコの電気技をカバルドンでカットしてから、その直後の釣り交代が高い確率で決まりやすく、そこで序盤の安定的な様子見段階から中盤の反転攻勢に切り替わるプレイなどに現れています。

このような仕組みは、単にそのパーティ構築のレシピを見ただけでは分かりにくい、パーティ構築それぞれの定石にあたる動きから形成されており、それを各パーティ構築ごとに読み解く必要性を感じました。

その結果、やはりスカーフ物理カプ・コケコの蜻蛉帰りからのプレイはゲッコウガ入りに対して普遍的に強いプレイを押し付けやすいことに、より確信を持つに至りました。

その動きを踏まえると、スカーフカプ・コケコの蜻蛉帰りからゲッコウガに繋ぐ動きで基本的に共有パは解決可能と考えられ、構築の2枠で環境トップへのメタを完結させられます。

そしてそこで、スカーフカプ・コケコでメガリザードンYが解決済みとした上でのメガリザードンXの解決策はHB特化カバルドン、又はHB特化霊獣ランドロスによって可能だと考え、カプ・コケコ@スカーフAS+カバルドン@混乱実HBor霊獣ランドロス@混乱実HB+ゲッコウガ@襷の3匹が現環境の上位構築全体への対応力が高いと考察しました。
しかし、このままでは先発ギルガルドの霊Zシャドーボールが受かりにくく、ギルガルド・リザードン・カバルドンの並びが厳しい。
つまりクッション枠はHB特化カバルドン級の物理耐久とギルガルドの霊Zシャドーボール耐えの耐久を両立しなければ、先発スカーフカプ・コケコは安定しません。そのため補助技依存のカバルドンでは限界を感じ、HBチョッキ霊獣ランドロスに活路を見い出しました。

ここまで考えた結果、霊獣ランドロス/カプ・コケコ/ゲッコウガまでが決まります。つまり環境上位への対応力はここである程度確保されたと言えるため、残りは基軸となるメガシンカとZ技持ちを入れてメインの崩しコンセプトを設定します。そこでやはりメガボーマンダと霊獣ランドロスの氷技の一貫性が問題となりますが、それはボーマンダや霊獣ランドロスが氷打点を受けるタイミングでの交代の意識はカバルドン使用時と大差がないので、並びの美的感覚の問題であると判断し、霊獣ランドロスとボーマンダの並びを採用することにしました。

そして、スカーフカプ・コケコがスカーフゲッコウガに蜻蛉した時に居座られた際にはダストシュートを想定し、鋼タイプを控えておく必要があります。それを、カプ・コケコの蜻蛉帰りと合わせてカバルドンを落とせる霊Zシャドーボールのギルガルド又は鉢巻カミツルギのどちらかを鋼枠として採用すべきとなりました。

そこで、二者の比較材料は鋼としての特殊耐久、つまりカプ・テテフの眼鏡サイコキネシスを2発受けて流せるかどうかに掛かります。その点と、カプ・コケコと合わせてのキノガッサ対応性能も含めて、霊Zギルガルドが決まりました。

また、メガボーマンダは無邪気AS(威嚇/八つ当たり/火炎放射/竜の舞/身代わり)とすると、受けループのヤドラン、バンギラス以外の広い範囲に解決力を有するため、残り1枠は対受けループ用の崩し枠として、ヤドランやバンギラスに対応できる駒でなければなりません。それはウルガモスではないでしょうか。ウルガモスならば、受けループ側の選出優先度ではバンギラスよりもラッキーを選出させられるのと、一致の虫のさざめきがバンギラスに弱点を取れてヤドランにも、一貫性が保てます。その為、構成は控え目CS虫Z(虫の知らせ/炎の舞/虫のさざめき/蝶の舞/身代わり)とします。

つまり、全体はこうなりました。

今期序盤

霊獣ランドロス@突撃チョッキ 呑気HB
地震 岩石封じ めざめるパワー氷 蜻蛉帰り

カプ・コケコ@拘りスカーフ 陽気AS
ワイルドボルト ブレイブバード 自然の怒り 蜻蛉帰り

ボーマンダ@ボーマンダナイト 無邪気AS
八つ当たり 火炎放射 竜の舞 身代わり

ウルガモス@虫Z 控え目CS
虫のさざめき 炎の舞 蝶の舞 身代わり

ギルガルド@霊Z 控え目HCS
シャドーボール 影打ち 毒 身代わり

ゲッコウガ@襷 せっかちCS
熱湯 水手裏剣 凍える風 蜻蛉帰り

これでシーズン開始直後の10日間で1ページ目(最高1932)までは到達出来ましたが、その後に色々な構築案を試す過程でレートを落としてしまい、現在の低迷に至ります。

近頃は、意地ASメガボーマンダを自信過剰で使い、死に出し状態で無駄なく火力を得る方法を試したり、ボーマンダ@水Z意地AS(自信過剰/逆鱗/地震/アクアテール/竜の舞)でHBカバルドンを誘って落とす戦術などを実験しています。

今期の終盤環境はカバマンダが環境に残るのかが、プレイヤー達に注目されるでしょう。

2018年1月11日木曜日

【雑記】対戦理論の目的と究極の答え

※この記事は雑記なので、あくまで"方向性"を示すまでに留めます。

戦術︰例えば、「今の構築では受けループには◯◯を使って〜〜の手順で対応しよう」とか「◯◯は□□を呼ぶから、〜〜な型にして誘い殺そう」のような戦略内で発生する個別の課題に対する具体的な解決手段。

戦略︰例えば、「今シーズン最終レート2100以上、最終順位◯位以内」のような、最終的な目的を達成するための抽象的な解決手段。「シーズン前期に構築開発、中期に実戦練習、後期に環境分析と使用構築の決定」のような長期的な計画から、「前シーズンは高耐久寄りのサイクル構築が多かったから、今シーズンは高火力重視で対面構築寄りの手早い戦術を採用しよう」のような戦術の上位概念として扱う。

トップダウン式構築法︰最初に理論や理念、戦略ありきの構築法。抽象・目的→具体・手段の手順。演繹的とも言える。例えば、「前シーズンは高火力重視の対面構築が伸びたから、今シーズンは要塞型を多用した積み構築を組もう。それを実現するために鈍いリサイクルカビゴン等の条件を満たす要塞型を集めよう。その中で今の環境に一番刺さる軸を作れるポケモンはいないか検討してみよう。」のように、土台や骨組みから組む構築法。つまり、目的に応じて各プレイヤー達が抽象的な概念を定義してからでなければ使えないと考えられる。

ボトムアップ式構築法︰例えば、「ボーマンダが強いと思うから、ボーマンダを使った構築を考えよう。ボーマンダはポリゴン2とかゲッコウガに相性が悪いから、どっちも解決出来るフェローチェを採用しよう。氷技への引き先としてカプ・レヒレを採用しよう。鋼と地面が欲しいから、それぞれギルガルドとカバルドンを入れてみよう。……」のように、単体考察とテンプレ知識などの組み合わせで大雑把に構築し、その後早い段階から実戦で試して課題を見つけてそれを一つ一つ解決させながら練り込む構築法。早期に実戦経験も積めるため、プレイスキルの上達も見込み易い。現状、殆どのプレイヤーがこの構築法で構築している。


ここ最近の私がやたらとポケモンの対戦理論を考察している理由の一つに、ほぼ完全なトップダウン式構築法を実現したいからという目的があったわけです。
そのために、対戦理論の一環として戦術を定義→分類し、それを包括する戦略も定義→分類しようとしています。
何故こんな回りくどいことをするかと言えば、それは私の単なる趣味とも言えますが、一度理論が完成してしまえばその後は理論を応用して半ば機械的にトントン拍子で勝てるはず、という科学的な理念、人によっては宗教とも言われるかも知れない考えが根底にあるからです。
つまり、仮に最終的な目標を"普遍的最強のポケモンプレイヤー"(≒"神"と宗教視点では言えるかも知れない)と位置付けると、それはもはや"ポケモン対戦での普遍的な勝ち方を提示したプレイヤー"とも言えて、レート実績や大会実績などの実績主義では漠然とした強さの物差しでしかプレイヤーを評価出来ず、その時々でのSNS世論に依存したプレイヤー評価の曖昧さを解決出来るかも知れないとの期待もありました。

……ポケモンでやることじゃないですね笑

つまり、ポケモンも含めて私たちが対戦ゲームを娯楽目的のスポーツとして考えなければ、一プレイヤーがストイックに強さを求めた果ての究極は、各々が如何に自己満足出来る地点を見出すかどうかにあるのではないでしょうか。

WCS優勝者やシングルレートシーズン最終1位経験者達が、燃え尽き症候群に駆られるのも、現状満足してしまって次なる目標が見付からないからと言えるかも知れません。

そういう意味で、競技に参加する選手達のスポーツマンシップや観戦者達の民度、その競技自体の社会的な位置付けなどは、その競技でストイックに努力して栄光を勝ち取った覇者にも、その競技を続ける意味を左右する要素であると思いました。
つまるところ、現状ポケモン対戦を競技としてプレイするとどうしても天井に届いてしまうと言えます。
その天井に届いた、又は天井の存在を理解した人が、その上でポケモンを続けられれば、心底ポケモンが好きだと言えるのかも知れませんが、私の知る限りそんな人は数える程しかいませんでした。

これはどの対戦ゲームにも言えることでしょう。

そんな意味で「勝負師人生は修羅の道」と、ここでの答えを示してこの記事を締め括ろうと思います。

2017年12月21日木曜日

【雑記】シングルレート環境の"見えざる手"

ポケモンのシングルレートにおいて、出来る限り順位を上げるため、日々熾烈な競争の果にレートを積み上げるポケモンプレイヤー達。
ランダムマッチレーティングバトルのサービスが開始された2011年頃の第5世代BW期からというもの、現在の2017年が終わろうとしている第7世代USUM期まで、様々な戦略、戦術が研究されてきた。
その中で読者達は、「既存にないポケモン単体の型の新案を開発する」という戦略的解決手段をパーティ構築時で採った経験はないだろうか。
実際筆者自身も、環境メタを目的とした上で汎用性を重視した直接的な解決手段として過去に何度も「新型のポケモンを開発」してきた。しかしながらその開発(開拓と呼ぶ人もいる)を行うには、それまでに膨大な時間を費やした環境分析と対戦経験の蓄積、そして何より閃きが必要であった。幸い筆者には、その閃きが起こりやすいという意味でのセンスが備わっていたようで、残りの要件を満たせば自ずと新型の提案は幾らでも可能となるにまで至った。
ところが、近頃他のプレイヤー達の提案も含めて、新型の本質的な特徴、性質、開発手法、実践効率までを考察するようになってからは、新型の開発は一つの戦略的手段でしかなく、むしろそれが必要とされるパーティ構築は実践効率が非常に悪かったということを認めざるを得ないと考えるようになった。

新型の開発を含めてのパーティ構築はとても楽しいものである。頭脳のクリエイティブな領域を使用するため、その時のプレイヤー達は謂わばアーティストの感覚で芸術作品を創作するのと似たような高揚感を感じているはずだ。

しかし、ポケモン対戦はゲームである。つまり対戦相手が存在し、多数のライバル達との競争を勝ち抜くことこそが、ポケモン対戦の真髄である。そのため、芸術だけでは理想主義に囚われ行き詰まりやすい。実際、筆者に近いプレイヤーもその理想主義に囚われていることに気付かず、次第にゲームで勝つための考察から離れていったことがある。
それでは、ゲームで勝つための考察とは何か。それは考察にかけた時間も含めて、最低限の準備時間で最大限の成果を得る為に、全てのバランスを意識した上で、目標(レートであれば最終1位や2200など)を達成するのに最もベストな計画を練ることであると考えている。
もちろんその中で新型の開発が無理なく可能であるならば強力な手段であることには変わらないが、基本的には労力に見合った成果は得られにくい。
というのも、汎用性が高くその当時の環境を進める程の新型の提案とは、環境メタであると同時に、それを含めての単体性能の最大化であると考えている。例えば、筆者が過去に開発した第6世代での203ガルーラやオボンHB悪巧み化身ボルトロスなどは、当時の環境に対して強烈な刺さり方をしていただけでなく、その公表後長らく"強い型"として様々な構築に採用された。謂わば"強い構築パーツ"として便利に機能していたわけである。そしてそのガルーラやボルトロスなどが、バシャーモのバトンタッチからの展開も含めると戦術に更なる幅が効き、そういった単体性能が他と一線を画す"強い構築パーツ"を組み合わせた並び、つまりは"強い構築パッケージ"を更に繋ぎ合わせて第6世代厨パが完成した経緯がある。
そうした"強い構築パーツ"や"強い構築パッケージ"を体系化していくと、強い構築が格段に作りやすくなる。
要素を出来る限りパッケージ化することで、構築が簡単になりパッケージ同士のパズルだけで構築が組めるようになったため、様々な構築を検討するスピードが上がった。

しかし、第6世代のシーズン12辺りを境にその手法は効力を失っていった。

パッケージ構築法から生まれた第6世代厨パとそれを好んで使用していた筆者周辺の過ち、それはつまり全てのポケモンが"強いパーツ"であり、"強いパーツのみの集合体"こそが唯一無二の最強構築であるとする理想主義に囚われていた結果、当時のクレセリアのような隙が多く比較的単体性能が良くないサポート特化のポケモン、型に対しての柔軟な考察が遅れたことにあると考えている。
つまり、アグレッシブな戦略ばかりに固執してしまっていたとも捉えられる。
それは第6世代レートの各シーズン結果より明らかであった。
上位の構築の殆どがクレセリアもしくはカバルドンのゴツゴツメット持ちで安定回復型の物理クッションを採用しており、厨パのようなスイクンのみでのクッションでは、メガシンカによって火力が上がった環境においてプレイが非常にシビアとならざるを得なかった。

アグレッシブな戦略は、選択肢の限定と言う意味で諸刃の剣である。
アグレッシブな戦略に対し攻守バランスの良い戦略では、序盤を撹乱してでも凌げば後はリソース勝負で決着が付く。
つまりアグレッシブな戦略には、戦略面でメタが張りやすい。

その事例は第7世代になってから更に、顕著に現れている。
当初はカプ系統のフィールドやZワザの火力などから火力インフレが予想され、コントロール戦略は淘汰されるであろうとの意見が拡がった。
しかしながら、今思えばその予想は浅はかであったと反省せざるを得ない。
筆者は第6世代後期に高耐久クッション入りのバランス型構築が最終的に覇権した事例と、カプ系統のフィールド、Zワザのいずれもターンを稼いで凌げば残りは、リソース勝負で決着が付きやすいとする戦略を軽視していた。
実際、第7世代SM中期から後期にかけては、極めて保守的なサイクル構築が多く上位に上がったことからも窺い知れる。

しかし、第7世代はそれだけではまだ終わらなかった。
SM期最終シーズンの結果は、各ポケモンを対面性能に寄せた構築の躍進によって終わったのである。
つまり、保守的なサイクル構築が増えた結果、試合展開が長引き終盤でプレイがシビアになったために勝率が伸び悩んだのであろう。

その事例から、ポケモンの単体考察によって環境を進めるといったスタンスが低次元に成り下がったことは明白である。
それはもはや一つの選択肢でしかないし、現在ではそれが実現出来るとも考えにくい。

最終的には結局、対面性能重視枠3、コンセプト遂行枠1、高耐久クッション1枠、崩し枠1のようなバランス型構築で、序盤慎重なプレイがマジョリティを制するような"見えざる手"によって環境が固まっていくものなのであろうか。

2017年12月4日月曜日

【ポケモン竜王戦】スカーフレックウザ対面構築

簡易更新

化身ランドロス@襷/力づく
165-130-110-167-100-168
大地の力/撃ち落とす/目覚めるパワー氷/ステルスロック

カプ・コケコ@カプZ
167-*-105-115-106-200
放電/マジカルシャイン/草結び/自然の怒り

レックウザ@スカーフ
181-255-120-200-108-167
画竜点睛/流星群/Vジェネレート/神速

ハッサム@イア/テクニシャン
175-170-150-*-100-63
バレットパンチ/蜻蛉返り/剣の舞/バトンタッチ

エンテイ@食べ残し
209-136-106-*-108-167
聖なる炎/毒々/身代わり/守る

ミミッキュ@ゴーストZ
131-142-100-*-125-162
影打ち/呪い/身代わり/守る



最終1750程度
途中からプレイが洗練されていった結果、エンテイとミミッキュに諸説アリとの結論

竜王戦お疲れ様でした
非常に楽しめました

2017年7月31日月曜日

【シングル】第7世代のための新役割理論 -対戦理論記事連載第2弾

近頃、役割理論などかつてのシングル対戦理論が通用しない実戦の立ち回りを見て、この第7世代特有の立ち回りや構築の理論を体系化してみようと試みた。



この動画は、第三回真皇杯 本戦の決勝戦、マイケル氏とA0氏の対戦である。
これは正に第7世代のシングルバトルを象徴するかのような対戦動画であろう。

このような第7世代を象徴するかのような対戦は、従来の役割理論では網羅できず、現在の立ち回りや選出、構築などを体系的にまとめた他の対戦理論は存在しない。
そのため、私自身の理解を助けるためという理由もあり、以下にまとめようと思う。


◇従来の役割理論
これについては前記事を参照して頂きたい。
【シングル】役割理論について簡単に解説 -対戦理論記事連載 第1弾

それを踏まえた上で、現状の役割理論の問題点の解決策と、役割理論の原案を記した最古の文書をベースに以下の新役割理論を展開する。


◇現状の役割理論
第7世代のシングルバトルでは、先程の動画のように強力な特性やメガシンカ、Z技によって、ポケモンが「受け」の「防御側の役割理論」で戦うことが非常に困難になってしまった。その結果、現在では「流し」や「誤魔化し」の「攻撃側の役割理論」の組み合わせによる交代戦でのサイクルになっている場合が多い。
そのため、従来通りの「受け」「流し」「誤魔化し」などの役割のみでは説明が出来ず、加えて第5世代以降、「対面構築」「決定力と抜き性能」「行動保証」「対面操作」「役割集中」などの新たな用語も生まれた。以上の内容を踏まえ、役割理論の再構築が必要だと考えた。
これらは従来の役割理論には無かったり、応用された考え方であり、その他ポイヒグライオンやキノガッサ、やどみが、食べ残し毒身代守る等のループ嵌め戦法、壁やバトン展開からの全抜きなどのギミック、特性や技を駆使した天候やフィールドの取り合い、その他戦術としての「読み」や「ケア」、「釣り交代」などを含めると役割理論通りのサイクルは実戦では殆ど発生しない。
むしろ、役割理論のサイクルは選出画面で各プレイヤーは多くの選択肢を想定し、それを踏まえて対戦の大局を計画し、選出を確定するといった最初の段階の思考法として、また毎ターン、ダメージレースの優劣判断からの軌道修正の前提理論として機能している。


◇役割理論黎明期の原案(最古の役割理論に関する文書)
for Gym Leaders. by Hidaka
まずは上記の記事(Hidaka氏が2001年作成)をご覧頂きたい。
これによると、従来の役割理論でしばしば説明されてきた、「受け」や「流し」、「役割破壊」などの記述はなく、「駒」と「役割」の関係性と、「駒」の動かし方の鉄則、選出時に「役割」を「駒」に与えるべきとするなどの事項のみが記述されていた。
そして最終的な目的は勿論「勝利」であり、そのために必要な局面であればリスクを負った「読み」や相手のハイリスク行動を阻止するための「ケア」にあたる概念も取り込まれている。
つまり、役割理論とは、本来は「受け」や「流し」や「サイクル」といった今の凝り固まった認識とは違い、もっと柔軟であり、正にシングルバトルの根幹を説明し得る理論である。
また、第2世代で現役プレイヤーであったゴールド氏などに話を聞く機会があり、彼からは「今、巷で良く見る役割理論はしゃわ氏がHidaka氏の役割理論を応用させて第2世代用に体系化させたものだったんです。彼の凄いところは、文章でしか伝わらなかった役割理論を初めて記号化させてすごく扱いやすくしたことで、第2世代以降のシングル対戦に革命を起こしたことなんですよ!」と、今まで私が知り得なかった役割理論黎明期のエピソードを深く語って頂いた。


◇選出画面からの各プレイヤーの思考、行動

・選出画面から
1 構築の基軸で相手のPT全体に勝てるかを判断する。
2 役割理論に基づいて、相手のPT全体と自分のPT全体を見ながら、ダメージレースでの動きを予測し、「崩し」が必要なポケモンを見つける。
3 1,2を踏まえて考えた幾つかの選出案の中から最も勝率が高い選出を判断する。

・対戦開始から
4 先発対面の優劣を判断し、居座れるかを判断する。
5 先発で居座れると判断した場合、相手が交代して対面の優劣が逆転しても対応出来る方法を、「読み」による役割破壊技を打つか、相手が敢えて居座って来ることを想定し「ケア」するか、「釣り交代」して有利対面を維持させるかを判断する。
5’ 居座れないと判断した場合、普通に交代して有利対面を作るか、相手の「読み」による役割破壊技や「釣り交代」を「ケア」した交代先の検討、敢えての居座りを判断する。
6 相手が「崩し」の必要なポケモンを繰り出したとき、それを選出段階での計画に沿って対処する。
7 暫く4、5、5’、6を繰り返してダメージレースが進行する。その際、毎ターンの結果によって勝ち筋の計画を修正していく。
8 終盤になり、ダメージレースの結果が確定して勝敗が決する。


◇「山」と「崩し」
ここで重要になるのが、新たな役割概念の「崩し」である。
「崩し」が必要なポケモンとは、例えばHBクレセリアや輝石ポリゴン2などの数値的な「受け」の役割を持つポケモンであったり、やどみがテッカグヤとかポイヒグライオンなどの無限ループ嵌め型のポケモン、竜舞羽身代わりメガボーマンダなどの高耐久の展開ポケモン、カプ・コケコやフェローチェ、ゲッコウガ、メガゲンガーなどの高速アタッカー、ミミッキュや襷キノガッサなどの対面での打ち合いに強いポケモン等が挙げられる。
また、「崩し」が必要なポケモンをここからは「山」と表現することにしよう。これらは相対的な概念であり、◯◯は△△へ「山」の役割を持つとか◇◇は◯◯の「山」へ「崩し」の役割を持つというように使う。したがって、「山」の役割に対する「役割破壊」が「崩し」という意味であり、複数のポケモンに対してそれぞれ「山」と「崩し」を併せ持つ竜舞羽身代わりメガボーマンダのようなポケモンも存在し得る。
それら、自分のPTから見ると「山」となるポケモンは、選出段階から圧力がかかり、自分のPTから明確な「崩し」が可能なポケモンの選出を強要されている。
つまり、現在のシングルバトルでは「山」となるポケモンと「崩し」が可能なポケモンの競り合いとして説明がつくと考えた。

この段階まで来ると、従来の役割理論の拡張が必要なため、「新役割理論」としてこれから再構築していく。



■新役割理論

新役割理論は、従来の役割理論の理念を公理として拡張させていくこととする。
そのため、従来の役割理論で使われた用語である「役割」「役割破壊」を始めとして「受け」や「流し」、「誤魔化し」も原理として扱う。
その上で、先程述べた「山」と「崩し」の概念を取り入れ、ドグラ氏の記事で提唱されていた「決定力」と「抜き性能」の概念も「崩し」の成分として取り入れることとする。

それらを踏まえて、新役割理論では第7世代のシングルバトルを「自分は相手より高い山を置いて、相手の山を全て崩すゲーム」であると表現しよう。つまり、「相手の山を全て崩せなければゲームに敗北する」とも言える。そのため、ポケモンのカテゴリは「山」と「崩し」、「山を崩せないポケモン」の3つに大別される。

ここからは「山」と「崩し」をカテゴライズし分類していく。


◇「山」と「崩し」の分類(後述のデータ処理のため仮設的に配置)

●山

▶防御の山

①「受け」の役割を持つポケモン:HBクレセリア、輝石ポリゴン2、輝石ラッキー等

②永久回復+身代わり+守るが使えるポケモン:ポイヒグライオン、食べ残し宿り木テッカグヤ、食べ残し毒スイクン等

③積み技+回復技が使えるポケモン:メガボーマンダ、カビゴン、クレセリア、カバルドン等

④吠える又は黒い霧が使えるポケモン:カバルドン、ドヒドイデ等

※壁技は防御の山をより強化するため、または山でないポケモンに防御の山の性能を付与するために存在すると解釈する。

→物理打点への受けの山をBM、特殊打点への受けの山をDM、永久回復みがまもの山をEM、積み技+回復技の山をGM(GBM、GDM、GEM等の応用も可能)吠える又は黒い霧の山をRMとする。

▶攻撃の山(一般的にはストッパーと言われることもある)

①「流し」や「誤魔化し」の役割を持つポケモン:メガバシャーモに対するメガボーマンダやカプ・レヒレ等

②高速アタッカーのポケモン:カプ・コケコ、フェローチェ、ゲッコウガ、メガゲンガー、スカーフカプ・テテフ等

③高い耐久又は耐性且つ強力な先制技を持つポケモン:カイリュー、ウインディ、マリルリ等

④行動保証があり打ち合いに強いポケモン:ミミッキュ、襷キノガッサ、カイリュー等

※トリックルームはドサイドンなどの低速高耐久アタッカーを攻撃の山に変換するための技と解釈出来る。天候でS+2の特性を持つポケモンへの天候書き換えも同様。

→流しの山をFM、高速アタッカーの山をHM、先生技の山をIM、行動保障の山をVM(これらも、特殊攻撃の高速アタッカーならばCHMのように応用出来る)とする。

また、新たな「山」の概念が必要となれば、随時追加する。

●崩し

▶遅い崩し

①永久的な定数ダメージでの崩し:毒々、火傷、呪い、宿り木等を使用するポケモン

②PPを枯らす動きでの崩し:食べ残し身代わり守るスイクン等

③滅びの歌を使うポケモン:メガゲンガー、ニョロトノ等

④一撃技を使う決定力重視:グライオンのハサミギロチン、ドリュウズのつのドリル、スイクンの絶対零度等

→遅い崩しをSDとする。役割が山とも両立出来るときは、GEM-SD(食べ残し熱湯瞑想身代わり守るスイクン等)の用に表記する。
定数ダメージの崩しをSLD、PP枯らしの崩しをSWD、滅びの歌の崩しをSPD、一撃技の崩しをSKDとする。


▶速い崩し

①打点的な決定力重視:電Zカプ・コケコ、眼鏡カプ・テテフ、猫捨て身メガガルーラ等

②相手を眠り状態、又は麻痺、火傷にさせる決定力重視:キノガッサ、メガゲンガー、化身ボルトロス、ジャローダ等

③単体の積みによる抜き性能重視:珠パルシェン、竜舞メガボーマンダ等

④積みバトンによる抜き性能重視:剣の舞バトンバシャーモ、Zバトンイーブイ等


→速い崩しをFDとする。決定力重視の崩しはFOD、抜き性能重視の崩しはFADとする。また、決定力と抜き性能に負の相関がないことにより、決定力と抜き性能のどちらも兼ね備える場合はどちらの要素が濃いかでFOAD、FAODと表記する。
打点的な決定力をFOZD、状態異常による決定力をFOTD、単体積みの抜き性能をFAGD、積みバトンによる抜き性能をFABDとする。

以上のように、一通りの記号化を経て、shade氏の協力により各「山」と「崩し」のタイプ相性表的な相互関係を、仮設的に私の主観の元、数値評価して入力し、それをグラフ化したのが以下の図である。



図1「山の性能比較」→これは縦軸数値が高いほど「山」としての性能が高い
 


    図2「崩しへの抵抗値比較」→つまり縦軸数値が低いほど「崩し」の性能が高い

以上のグラフを考察すると、「山」は単なる「物理受け」や「特殊受け」では最早成り立たず、「積み」+「回復」又は「展開対応技」+「回復」で初めて山と見なすことが出来るということが分かる。また、次に強力な「山」とは「行動保障」を持つ展開ポケモン、つまりミミッキュやカイリュー、襷霊獣ランドロスなどであり、これも現状のプレイヤー達の認識と大きく乖離はしていない。
それから、「崩し」の性能を比較すると、最も強力なのは「バトン展開が成功する前提での各種エース」となり、結果として「サブウェポンとしてのバトン展開」の有用性を示唆する結果となった。次に強力な「崩し」とは「回復性能+毒や呪いなどの定数ダメージによる突破力」となった。これで身代わり+回復+毒のゴツゴツメットHBクレセリアなどの「崩し」としての強さが示された。つまり、第6世代でのゴツゴツメットのHBクレセリアは「弱い山であり、強い崩し」であったことが分かる。

以上より、ノーマル技+龍の舞+羽休め+身代わりの調整メガボーマンダが「山」としても「崩し」としても非常に強力であることが、今回のデータ処理でも裏付けられた。
そのため、この結果はある程度プレイヤー達の認識と合致しており、この結果からの未だ見ぬ強力なポケモンの型の開拓に貢献出来る可能性すら含んでいる。


◇今後の考察目標

今回の考察で「山」と「崩し」の概念を新たに作ってシングルバトルの理解を進めた。
しかし、このままでは一つの対戦での交代を含む複雑な要素はまだ説明しきれておらず、サイクル戦のダメージレースを追うための理論の補強が必要とされる。

そこで、「「山」となり「崩し」を行うのは「駒」である」として、「駒」の交代で生まれる隙を「谷」と表現してみることにした。そして「山」と「谷」が揺れ動く度に、対戦初期にあった「エネルギー」又は「資源」が互いに減少していき、最終的に0値で収束した方が敗北するといったモデルでも説明が出来るのではないかと考えた。

そうすると、シングルバトルの開始から勝敗が決するまでの一連の流れは、(sinx)/xの軌道のような「波」と表現出来る。


このように、「波動」のモデルとして表現出来れば、シングルバトルの対戦理論は数学的、物理学的なアプローチさえ可能になるのではないかと期待している。

今後は上記のような基礎理論の再検討と、記号化をやり直した上でのデータ処理の精密化を目標としたい。


参考資料:役割理論

参考資料:実践理論等(第5世代以降の対戦理論

2017年7月25日火曜日

【シングル】役割理論について簡単に解説 -対戦理論記事連載 第1弾

■役割理論

◇用語

・ダメージレース:お互いのポケモンがダメージを与え合う速度の競り合い。ダメージレースに負けるとそのパーティは敗北する。

・役割:自分のパーティのポケモンがそれぞれ、特定のポケモンや並びに対処するための仕事を請け負っていること。「◯◯は△△に□□の役割を持つ」のように使う。

・受け: 相手のポケモンからの最もダメージ量の高い攻撃を、回復技を利用することで継続的にHPを維持することが出来る役割。

・流し(潰し):自分のポケモンが、素早さや使用可能な技、タイプ相性を考慮したうえで対面しているポケモンを確実に倒せる状態であり、相手は交換せざるを得ない状況を作る役割。

・誤魔化し:特定の条件下で受けや流しが成功する役割。

・サイクル:お互いが交代を交互に行った結果、特定の周期を繰り返すこと。

・役割破壊:自分のポケモンに対する相手のポケモンの役割を、相手が想定することが困難な手段を使って防止して倒すこと。

尚、役割理論での「役割」の種類は上記だけではなく、理論を応用させることによって、多岐にわたる。


役割理論とは、上記の考え方を用いたポケモンシングルバトルの最も根幹を説明出来る理論であり、対戦中の無意識的なダメージレースの思考を、各役割を用いてモデル化したものである。
プレイヤーはこの理論を前提として「読み」や「ケア」、「釣り交代」といった、自分を有利な状況に導く行動を採る。

2017年7月19日水曜日

【シングル】カバマンダ

本日の配信にて構築したパーティの簡易更新です。



Hippowdon @ Iapapa Berry
Ability: Sand Stream
Level: 50
EVs: 228 HP / 132 Def / 148 SpD
Impish Nature
- Earthquake
- Ice Fang
- Yawn
- Stealth Rock

Salamence-Mega @ Salamencite
Ability: Aerilate
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Double-Edge
- Earthquake
- Stone Edge
- Dragon Dance

Metagross @ Weakness Policy
Ability: Clear Body
Level: 50
EVs: 252 Atk / 4 Def / 252 Spe
Jolly Nature
- Iron Head
- Earthquake
- Agility
- Explosion

Tapu Koko @ Electrium Z
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 4 Def / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
- Thunderbolt
- Dazzling Gleam
- U-turn
- Reflect

Cloyster @ Life Orb
Ability: Skill Link
Level: 50
EVs: 4 Atk / 252 SpA / 252 Spe
Rash Nature
- Icicle Spear
- Surf
- Hidden Power [Electric]
- Shell Smash

Mimikyu @ Ghostium Z
Ability: Disguise
Level: 50
EVs: 164 HP / 236 Atk / 36 Def / 4 SpD / 68 Spe
Adamant Nature
- Play Rough
- Shadow Claw
- Shadow Sneak
- Swords Dance


Zコケコのリフからの展開補助が強かった印象でした

2017年6月12日月曜日

【シングル】対面構築【第三回真皇杯関西予選一ベスト16】

およそ2年ぶりとなる対戦参加で真皇杯関西予選に参加してきた。

前日まで構築作成に頭を抱え続けた挙句、当時の環境で
①ガルーラが復権しつつ合ったこと
②そのガルーラの氷技を外す機運が高かったこと
③カバルドンが地面枠筆頭であり、電気枠筆頭のカプ・コケコのサブウェポンで草結び>めざ氷の機運があったこと
などを踏まえて、HBゴツメガブリアスを使ってみたら刺さるのではないかと考えてガルガブ型の対面構築をコンセプトとする方針に固まった。



■ガルーラ@ガルーラナイト/肝っ玉→親子愛
・181-175-121-*-122-167
・捨て身タックル/猫騙し/炎のパンチ/グロウパンチ

■ガブリアス@ゴツゴツメット/鮫肌
・207-151-156-*-106-135
・地震/岩石封じ/ステルスロック/吠える

■テッカグヤ@食べ残し/ビーストブースト
・173-*-124-155-125-124
・エアスラッシュ/ボディーパージ/宿り木のタネ/身代わり

■バシャーモ@炎Z/加速
・155-172-90-*-91-145
・飛び膝蹴り/フレアドライブ/バトンタッチ/守る

■カプ・テテフ@拘り眼鏡/サイコメイカー
・145-*-127-200-135-116
・サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/気合玉

■ミミッキュ@ゴーストZ/化けの皮
・159-*-104-112-125-116
・シャドーボール/呪い/トリックルーム/道連れ


以下、個別解説


■ガルーラ@ガルーラナイト/肝っ玉→親子愛
・181-175-121-*-122-167
・捨て身タックル/猫騙し/炎のパンチ/グロウパンチ

対面構築の要としてグロウパンチ+捨て身タックルの突破力を考えて採用。初手のリザードンにも強く出たいことから、先制技は猫騙しにしている。
サブウェポンはテッカグヤやナットレイや鋼を強めに意識した炎のパンチにした。
弱体化したとは言え、このポケモンの底力は流石のもので、グロウパンチの使い所次第でまだまだ低種族値のポケモンへの脅威になりうると実感した。



■ガブリアス@ゴツゴツメット/鮫肌
・207-151-156-*-106-135
・地震/岩石封じ/ステルスロック/吠える

今回の構築のスタート地点。ガルーラが復権しつつあり、まだ氷技を持った型が増えていなかったため後述のテテフやガルーラなどと相手のガルーラが対峙した時への強力な切り返し手段として採用した。
またバシャーモの膝をギリギリ受けられるため、通常のステロ吠える搭載の物理受けとしての性能も高かった。



■テッカグヤ@食べ残し/ビーストブースト
・173-*-124-155-125-124
・エアスラッシュ/ボディーパージ/宿り木のタネ/身代わり

実は受けループへの対応策としても有能なボディパエアスラ宿身代型。一度パターンにハマれば、これ一匹で試合が終わるほどに強力であり、バシャーモやガブリアスとの補完にも優れる鋼飛行の優秀な耐性によって採用された。
ボーマンダには怪しいながらもこのポケモンで対応していた。



■バシャーモ@炎Z/加速
・155-172-90-*-91-145
・飛び膝蹴り/フレアドライブ/バトンタッチ/守る

高速AT枠であり、バトンタッチによる後続のS上昇による制圧準備にも使えるため採用。炎Zフレアドライブにより、対面での中耐久ならば大方このポケモンで突破可能であり、それでも突破が不可能な高耐久にはバトンでテッカグヤやカプ・テテフに繋いで制圧する。



■カプ・テテフ@拘り眼鏡/サイコメイカー
・145-*-127-200-135-116
・サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/気合玉

ガルーラの捨て身タックルなどを耐えるBC調整で採用。眼鏡サイコフィールドでの一致エスパー技で多くの中耐久ポケモンを1発圏に入れる。コケコなどへのフィールド奪取と多大な有利対面作成のため初手出しの最も多かったポケモン。ガルクレセに対しては、ガルーラへの行動保証を盾に居座ってクレセの交代をケアしたムーンフォースで2発圏に入れるといった立ち回りも多用した。受けループはこのポケモンのサイコキネシス/サイコショックの場面によった打ち分けで対応可能。気合玉は殆どの鋼ポケモンが一発で落ちる。



■ミミッキュ@ゴーストZ/化けの皮
・159-*-104-112-125-116
・シャドーボール/呪い/トリックルーム/道連れ

ゴーストZシャドーボールでASメガメタグロスが確定1発のC極振りミミッキュ。メガメタグロスが重たいこの構築での数少ない切り返し手段として重宝し、トリックルームからの眼鏡テテフを展開して、制圧出来るように採用した。
道連れは、「あわよくば」1匹分のアドバンテージを得られる技なため、トリックルームと絡めて相手への奇襲に使う。



総評

この構築はこのオフ大会でこそマッチアップが良かったのかベスト16とまずまずの結果が出たが、その後レート戦で試してみると、メガボーマンダやゲッコウガなどへの脆弱性が拭いきれず、穴の大きな構築であったことが後に判明した。そのため、このままの構築では現在の環境で太刀打ちは出来ないだろう。

この結果を踏まえて、今後は更に完成度の高い構築を作りたいと思う。

2017年3月31日金曜日

【シングル】カバマンダナット展開構築

にゃおーし氏の構築を見てインスピレーションを得たので、それをベースにニコ生配信にて構築しました



試作PTであるため簡易更新

Hippowdon @ Iapapa Berry
Ability: Sand Stream
Level: 50
EVs: 252 HP / 36 Def / 220 SpD
Careful Nature
- Earthquake
- Yawn
- Stealth Rock
- Whirlwind

Salamence-Mega @ Salamencite
Ability: Intimidate
Level: 50
EVs: 100 HP / 100 Atk / 4 Def / 180 SpD / 124 Spe
Jolly Nature
- Double-Edge
- Earthquake
- Dragon Dance
- Roost

Volcarona @ Buginium Z
Ability: Swarm
Level: 50
EVs: 4 HP / 252 SpA / 252 Spe
Timid Nature
IVs: 0 Atk
- Bug Buzz
- Fiery Dance
- Quiver Dance
- Substitute

Ferrothorn @ Normalium Z
Ability: Iron Barbs
Level: 50
EVs: 252 HP / 228 Atk / 28 Def
Brave Nature
IVs: 0 Spe
- Gyro Ball
- Bullet Seed
- Explosion
- Substitute

Tapu Koko @ Choice Scarf
Ability: Electric Surge
Level: 50
EVs: 4 Atk / 252 SpA / 252 Spe
Hasty Nature
- Thunderbolt
- Wild Charge
- Dazzling Gleam
- U-turn

Greninja @ Life Orb
Ability: Protean
Level: 50
EVs: 4 Atk / 252 SpA / 252 Spe
Naive Nature
- Low Kick
- Ice Beam
- Grass Knot
- Water Shuriken

2017年3月21日火曜日

【シングル】カバガルゲン展開構築(完成版) -SMシーズン2使用構築-



シーズン2終了二日前にやっと殿堂入りして対戦環境が整ったということで、せっかくなので知り合いにQRチームを組んでもらいレートに潜ってみることにした。

結果は以下の通り、時間が少なく対戦数が稼げない割にはまずまずの結果が出たと感じている。





◇概要

以前から考察していたカバガルゲン展開軸を更に煮詰めた形。
るどるふ氏からボディーパージテッカグヤが強いらしいとのタレコミを貰ったので、それをベースにカバゲンカグヤの並びをベースに構築した。
この並びをメイン軸とした場合、メイン軸の範囲は主に対面構築や展開構築、サイクル要素少なめのスタンとなるため、高耐久が多いサイクル要素多めのスタン、受けループまではメイン軸では対応が厳しいため、サブ軸はカバガルガブの起点役割集中の軸としている。
そして今期最も流行った新型として痛み分け呪いミミッキュの存在があり、これへの解決方法として再生力からの交代、胞子でのストッパーが可能なBC襷モロバレルを採用。
またこの補完枠でのモロバレルはミミッキュの他にもキノガッサを筆頭とする、カバルドンが不利を取る草タイプのポケモン、水タイプのポケモン、その他欠伸などの状態異常をメタるカプ・コケコ、カプ・レヒレへの繰り出しと解決が可能となる。


◇構築詳細

■カバルドン@イアのみ/砂起こし
・215-132-152-*-124-67
・地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし
備考
・C211メガリザードンYの晴れオーバーヒートを13/16耐え

■ガルーラ@ガルーラナイト/肝っ玉
・181-177-120-*-120-167
・ブレイククロー/炎のパンチ/冷凍パンチ/グロウパンチ

■ゲンガー@ゲンガナイト/呪われボディ
・135-*-101-222-115-200
・祟り目/ヘドロ爆弾/催眠術/身代わり

■テッカグヤ@命の珠/ビーストブースト
・173-153-123-*-121-124
・ヘビーボンバー/地震/ストーンエッジ/ボディーパージ

■ガブリアス@ドラゴンZ/砂隠れ
・183-182-115-*-106-169
・逆鱗/地震/剣の舞/身代わり

■モロバレル@気合の襷/再生力
・189-*-122-150-101-50
・キノコの胞子/ヘドロ爆弾/ギガドレイン/目覚めるパワー炎


◇解説

・カバルドン/ゲンガー/テッカグヤの基本選出
先発のカバルドンの欠伸ステロ吹き飛ばしで相手の選出全体に定数ダメージを入れながら欠伸眠りの起点を作る。
その後メガゲンガーを展開し身代わり→祟り目で落とした後更に催眠術によって制圧を図り、ゲンガーが落とされたら、メガゲンガーとの補完に優れるテッカグヤでボディーパージから展開して締める。
カバルドンがHDイアなため行動回数が前作以上確保できて起点補助としての性能が上がったことに加え、今作ではメガシンカとZ技持ちを同時に選出するとラムなどの状態異常回復ソースを組み込みにくいため欠伸や催眠が通りやすく、それをメタるカプ・コケコ、カプ・レヒレにはタイプ的にメガゲンガーが有利なため、環境的にも大きな優位性を保った軸となった。
テッカグヤの構成については、元々は飛行Z空を飛ぶだったのだが、地震でカプ・コケコが1発で落とせなかったり、ボルトロスなどへの有効打がなかったことに問題を感じたため珠でストーンエッジを採用することにした。それにより、通常火力自体が高まったため、より制圧力が高くなった。

・カバルドン/ガルーラ/ガブリアスでの受けループ等サイクル破壊
展開構築を組む上で、受けループを崩せるかどうかが完成度の一つの目安となる。
今回はゲンガーを組み込んでいるため、受けループ側は追い打ちを使うバンギラスやハピナスなどのゲンガーメタ枠が選出時に誘導されやすい。そしてそれを起点にガルーラのグロウパンチから、ヤドランなどの鉄壁持ちへのメタとしてブレイククローを採用し、後続の剣舞竜Zガブリアスとの役割集中で勝ち筋を得る戦術を考案した。
またガブリアス自体がカバルドンとの欠伸、砂展開とのシナジーが見込め、受けループ以外にも強さを発揮する。

・補完枠のモロバレルの性能
この枠は主にカバルドンが作る隙を埋める枠となる。そのため水や草、カバルドンミラーへの解決を盛り込んだポケモンが必要とされ、化身ボルトロス→キノガッサ→モロバレルの順で最適化した。
かねてから、C振り襷モロバレルの性能の高さに注目しており、るどるふ氏からテッカグヤの身代わり破壊やナットレイ処理などでイカサマではなくめざ炎で良いのではないかとの指摘を得てからガルーラの捨て身タックル耐えをと、ギガドレインの回復効率を意識した控え目BC型が完成した。
このモロバレルはカバルドンとの補完に優れ、フィールドで欠伸を無効化してくるカプ・コケコ、カプ・レヒレに強いこと、複数回後出しが可能であることが決め手となった。
また後攻胞子で眠らせてからのメガゲンガーの展開も非常に強力で、第二の起点補助枠、対面操作枠となっている。


◇総括

今期は対戦環境が整うまで時間がかかり、シーズン2終了までの二日間のみのレート実戦となってしまい、満足のいく結果を得られなかった。
しかし、グロブレガルーラやBC襷モロバレルなど数々の新案を試すことができ、これらがまた今後のシングル環境で更なる開拓を経て新たな構築体系へ発展することに期待したい。

以上、QRチーム作成者に多大な感謝を送り筆を置くこととする。