2012年12月25日火曜日

【シングル】ポリ2ブシン Ⅰ

先日開催された第34回委員会オフと第3回関学オフに参加してきました。
結果を先に申しますと、委員会オフで予選1位通過のベスト8、関学オフでは予選全勝で優勝という成績を残すことが出来ました。

使った構築は以下のようなPTで、コンセプトを「ポリゴン2とローブシンを軸に、ラティアスの壁と癒しの願いを搭載し高種族値個体を無駄なく使いまわすPT」と定めています。
そして、このコンセプトをより強力なものとするためにポリゴン2のトリックルーム、スイクンのおいかぜ、各個体の積み技、バンギガブ構成といった各ギミック要素をシステムとして、各々にシナジーが生まれるよう構築しました。

元々の原案はヒデキさんから頂いたもので、それを私なりの方法でカスタマイズし構築としてチューニングしました。
その間、ヒデキさんを始めとした様々な方々から助言を頂き、このような構築として完成させることが出来ました。
助言を頂いた方々には感謝の気持ちが溢れんばかりです。


では、構築の紹介に移りましょう。




委員会オフ仕様

バンギラス@ラムのみ
189-173-130-*-120-124
ストーンエッジ/けたぐり/れいとうパンチ/りゅうのまい

ガブリアス@いのちのたま
183-182-115-101-85-169
げきりん/じしん/だいもんじ/ねごと

ローブシン@かえんだま
183-210-127-*-101-68
ドレインパンチ/マッハパンチ/どくどく/ビルドアップ

ポリゴン2@しんかのきせき
191-*-112-171-115-80
10まんボルト/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)/トリックルーム

スイクン@たべのこし
207-*-156-131-140-95
ハイドロポンプ/れいとうビーム/ぜったいれいど/おいかぜ

ラティアス@ひかりのねんど
175-*-115-138-151-178
りゅうせいぐん/リフレクター/ひかりのかべ/いやしのねがい


関学オフ仕様

バンギラス@ラムのみ
189-173-130-*-120-124
ストーンエッジ/けたぐり/ちょうはつ/りゅうのまい

ガブリアス@ドラゴンジュエル
183-200-115-*-105-154
げきりん/じしん/つるぎのまい/みがわり

ローブシン@かえんだま
183-210-127-*-101-68
ドレインパンチ/マッハパンチ/どくどく/ビルドアップ

ポリゴン2@しんかのきせき
191-*-112-171-115-80
10まんボルト/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)/トリックルーム

スイクン@たべのこし
193-*-136-125-137-148
ハイドロポンプ/れいとうビーム/めいそう/おいかぜ

ラティアス@ひかりのねんど
175-*-115-138-151-178
りゅうせいぐん/リフレクター/ひかりのかべ/いやしのねがい


オフ後の反省を考慮した結論

バンギラス@ラムのみ
189-173-130-*-120-124
ストーンエッジ/かわらわり/ちょうはつ/りゅうのまい

ガブリアス@いのちのたま
183-182-115-101-85-169
げきりん/じしん/だいもんじ/ねごと

ローブシン@かえんだま
183-210-127-*-101-68
ドレインパンチ/マッハパンチ/かみなりパンチ/ビルドアップ

ポリゴン2@しんかのきせき
191-*-112-171-115-80
10まんボルト/れいとうビーム/めざめるパワー(格闘)/トリックルーム

スイクン@たべのこし
193-*-136-125-137-148
ハイドロポンプ/れいとうビーム/めいそう/おいかぜ

ラティアス@ひかりのねんど
175-*-115-138-151-178
りゅうせいぐん/リフレクター/ひかりのかべ/いやしのねがい


◯個別解説

ラティアス
このPTのメインサポート要員です。
流星群でラティオスや無振りキノガッサを落とせるCラインを確保しつつ、A186バンギラスの噛み砕くを確定耐えと光の壁で眼鏡ラティオスの流星群を耐えるなどの調整を施しました。
このラティアスで壁を張り、ポリゴン2やローブシン、スイクンなどの耐久を底上げしながら戦闘を繰り返して更に2度目の壁を張ったり癒しの願いで回復を狙います。
オフでは選出率が9割を超えて最も選出したポケモンとなりました。
霊獣ボルトロスやローブシン、ラティオスなどの流せる個体を先発に呼びやすいため、積極的に先発選出します。

ポリゴン2
トリックルーム要員の高耐久高Cアタッカーです。
このPTはハッサムに薄いため、めざめるパワーは格闘ではなく炎を採用していました。
高S個体が多いPTにはポリゴン2を積極的に選出します。

ローブシン
壁、トリックルーム下でのエースアタッカーです。
オフ仕様ではクレセリアやソーナンスなどを呼ぶため、サブウェポンは採用せずに毒々を採用していました。
壁が張ってある状態で毒々がクレセリアなどに入れば、後ろのスイクンで瞑想を積みながら攻められるように考えていました。
相手は化身ボルトロスなどを良く選出してきますが、それには壁を張ってからローブシンを出してビルドアップを一回積めばドレインパンチで落とせるため、むしろボルトロスを起点に出来ると考えました。
オフ後仕様では、@コさんの意見を反映させてブルンゲルやシャンデラに一貫するかみなりパンチを採用しました。

スイクン
壁下での特殊積みアタッカー、おいかぜ要員です。
委員会オフで零度が若干不安定な動きをしたので、瞑想おいかぜという珍しい構成にしています。
ヒデキさんから頂いた本来の原案のラティアス+スイクン+ガブリアスという並びを意識して追い風は綺麗なシナジーを生み出せます。
残飯である理由は、壁を張った状態で、積みと同時に素早く回復が出来るのと技スペースを圧迫する眠るを採用できなかったからです。

ガブリアス
このPTでは偽装電磁波砂要素として構成され、対キノガッサの薄いメタ要素を忍ばせています。
また、スイクンの追い風からの展開も想定しているため火力増加アイテムは切れません。
エアームドなどを見るため、珠で寝言と文字を採用した広範囲型が結論でした。

バンギラス
偽装電磁波砂要素と相手の壁、まもみが、その他のギミックを広範囲的にメタるポケモンです。
壁を張った状態ではバンギラスの耐久性能はとてつもなく高まります。
そのなかでASをさらに積みによって高められればかなりの打点となりますので、それを意識して竜舞個体としました。
ボルトロスの電磁波や毒々を治癒するためのラムで展開性を安定させています。



ログは次回の記事で詳細に考察していきたいと考えています。
以上になります。